--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/01/08 (Tue) レッド・ホット・チリ・ペッパーズ 「Hump de Bump」

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ (Red Hot Chili Peppers) が2007年4月にリリースしたシングル「Hump de Bump」のPV。

「Hump de Bump」は、レッチリが2006年5月にリリースした2枚組のアルバム「Stadium Arcadium」に収録されている。レッチリにしてはロック色が強く、しかもメロウな曲が多く、この曲 「Hump de Bump」のようなファンク色強い楽曲は少なかった。

間奏のドラムのカウベルっぽいドラミングが、ヒップホップの打ち込みを思わせる。個人的にはミッシー・エリオット(Missy Elliott)の「Work It」の間奏部分を思い出した。

1999年にリリースしたアルバム「カリフォルニケイション - Californication -」そして2002年7月にリリースしたアルバム「バイ・ザ・ウエイ - by the way -」と、ロック色を強めていたが、このアルバム「Stadium Arcadium」では更にロック色が深まった。だが一方で、ファンク色が薄まったと嘆いているファンも少なくない。


Stadium Arcadium
Warner Bros.
発売日:2006-05-09

スポンサーサイト

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ | trackback(0) | comment(0) |


2008/01/08 (Tue) レッド・ホット・チリ・ペッパーズ 「Otherside」

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ (Red Hot Chili Peppers) が2000年1月にリリースしたシングル「」のPV。「」はレッチリが1999年6月にリリースしたアルバム「カリフォルニケイション - Californication -」に収録されている。

最近のレッチリの作品の中で人気の高いアルバム「カリフォルニケイション - Californication -」は、元々のファンク色が薄まり、ロック色を深めたレッチリ会心のアルバムだった。このアルバムから、ジョン・フルシアンテ (John Frusciante) が復帰したことも大きな話題で、大ヒットした。これまでに1500万枚のセールスをしている。


Californication
Warner Bros.
発売日:1999-06-08

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ | trackback(0) | comment(0) |


2007/05/03 (Thu) レッド・ホット・チリ・ペッパーズ 「Dani California」

レッチリこと、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ (Red Hot Chili Peppers) の「Dani California」は、2006年にリリースされたアルバム「ステイディアム・アーケイディアム - Stadium Arcadium」に収録。

このPVではレッチリが過去のミュージシャン達の格好をしていて、ロックの歴史がドバーっと見られる。

そんなPVでレッチリがオマージュした歴代有名アーティスト達は、エルビス・プレスリー、ビートルズ、バディ・ホリー、ザ・ゾンビーズ、ミスフィッツ、プリンス、パーラメント、ファンカデリック、デヴィッド・ボウイ、マーク・ボラン、セックス・ピストルズ、モトリー・クルー、ニルヴァーナ、昔のレッチリ自身。

また、レッチリはなかなか映画の主題歌などのオファーに許可を出さないが、デスノートはレッチリのメンバーが英訳されたものを読み、パンチあるから許可!!

Stadium Arcadium
Warner Bros.
発売日:2006-05-09



レッド・ホット・チリ・ペッパーズ | trackback(0) | comment(1) |


2007/05/03 (Thu) レッド・ホット・チリ・ペッパーズ 「Tell me Baby」

オーディション風PV。額がトムハンクスに近づいてしまったフリーや、流石の筋肉も緩み始めたアンソニー、相変わらずデケェ、チャド・スミス、ギターのジョン・フルシアンテは若いだけに相変わらず。

レッチリこと、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ (Red Hot Chili Peppers) の「Tell me Baby」は、2006年にリリースされたアルバム「ステイディアム・アーケイディアム - Stadium Arcadium」に収録。

レッチリこと、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ (Red Hot Chili Peppers) は1983年に結成されたカリフォルニアのバンド。

最初のメンバーはアンソニー・キーディス、フリー、ヒレル・スロヴァク、ジャック・アイアンズの4人。

現在のメンバーは、最近ちょっと太ったボーカルアンソニー・キーディス (Anthony Kiedis)、天才ギタリスト、ジョン・フルシアンテ (John Frusciante) 、超絶ベースフリー (Flea)、ヘビメタ好きのドラムスチャド・スミス (Chad Smith)の4人。

Stadium Arcadium
Warner Bros.
発売日:2006-05-09



レッド・ホット・チリ・ペッパーズ | trackback(0) | comment(0) |


2007/05/03 (Thu) レッド・ホット・チリ・ペッパーズ 「Snow ((Hey Oh))」

レッチリは映画とかの主題歌にはほとんど許可を出さないらしいけど、デスノートはメンバーが英訳されたものを読んで、オオ!ってなって主題歌に。

レッチリこと、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ (Red Hot Chili Peppers) の「Snow ((Hey Oh))」は、2006年にリリースされたアルバム「ステイディアム・アーケイディアム - Stadium Arcadium」に収録。

Stadium Arcadium
Warner Bros.
発売日:2006-05-09



レッド・ホット・チリ・ペッパーズ | trackback(0) | comment(0) |


2007/05/03 (Thu) レッド・ホット・チリ・ペッパーズ 「Desecration Smile」

レッチリこと、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ (Red Hot Chili Peppers) の「Desecration Smile」は、2006年にリリースされたアルバム「ステイディアム・アーケイディアム - Stadium Arcadium」に収録されている。


元々レッド・ホット・チリ・ペッパーズ (Red Hot Chili Peppers) は、ファンク色の強い、全裸になったり派手なパフォーマンスでノリノリのロックバンドというイメージだった。

しかし、結成メンバーのヒレル・スロヴァク (Hillel Slovak) が1988年6月にヘロイン摂取過多で急死してからは、お気楽さの中に深く内省的な部分がかいま見られるようになる。(パフォーマンスは派手なまま)


1999年にリリースしたアルバム「Californication」は非常に評価が高いアルバムだが、「カリフォルニケイション(Californication)」リリース後のレッチリは、ファンク色が次第に薄れ、最新作のアルバム「ステイディアム・アーケイディアム(Stadium Arcadium)」はロック色の強いものとなっている。

個人的には2002年にリリースされたアルバム「バイ・ザ・ウェイ(By The Way)」が最高傑作だと思う。

Stadium Arcadium
Warner Bros.
発売日:2006-05-09



レッド・ホット・チリ・ペッパーズ | trackback(0) | comment(0) |


2007/05/03 (Thu) レッド・ホット・チリ・ペッパーズ 「Charlie」

「Charlie」のPVは、レッチリこと、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ (Red Hot Chili Peppers) が公募して選ばれた作品。

レッチリの最新アルバム「ステイディアム・アーケイディアム - Stadium Arcadium」に収録。

Stadium Arcadium
Warner Bros.
発売日:2006-05-09




レッド・ホット・チリ・ペッパーズ | trackback(0) | comment(0) |


2007/05/03 (Thu) レッド・ホット・チリ・ペッパーズ 「バイ・ザ・ウェイ(By The Way)」

ちょっと危ないレッチリファンのタクシードライバー(ダグウィルソンDoug Wilson)に軽く拉致されてちゃったボーカルのアンソニー・キーディス。

調子に乗ってノリノリの運転手にビビりながら救援を求めて、やっときてくれたベースのフリーとギターのジョン・フルシアンテ。

ドラムのチャド・スミスが出てこねぇーなー。シャイなのかなぁと思ってたらなんと、次のお客様。

By the WayのPVの後、可哀相なタクシードライバーが主役の続編「Universally Speaking」のPV(忘れ物をアンソニーに渡すんだ!)もお勧め!!

アルバム「バイ・ザ・ウェイ(By The Way)」は、28曲の曲の中から厳選して制作された作品。2002年にリリース。

By the Way
Warner Bros / Wea
発売日:2002-07-09





レッド・ホット・チリ・ペッパーズ | trackback(0) | comment(0) |


2007/05/03 (Thu) レッド・ホット・チリ・ペッパーズ 「Universally Speaking」

By the WayのPVで、アンソニーを拉致したタクシー運転手が、忘れ物の本(Lexicon Devil)を届けに行く!(笑)
バリオモ♪

ちょっと危ないけど凄くいい奴!

By the Way
Warner Bros / Wea
発売日:2002-07-09



レッド・ホット・チリ・ペッパーズ | trackback(0) | comment(0) |


2007/05/03 (Thu) レッド・ホット・チリ・ペッパーズ 「Can't Stop」

レッチリこと、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ (Red Hot Chili Peppers) の「Can't Stop」テレビライブ映像!

ジョン・アンソニー・フルシアンテ(John Anthony Frusciante)のギター鳴きまくり、飄々と手数多いのに涼しげなドラム、チャド・スミスに大事な所をスティックでいじられているフリー。

By the Way
Warner Bros / Wea
発売日:2002-07-09




レッド・ホット・チリ・ペッパーズ | trackback(0) | comment(0) |


洋楽『レッド・ホット・チリ・ペッパーズ』のカテゴリーページ

| TOP | next >>

iTunes Music Store

洋楽カテゴリ 一覧

邦楽 音楽PV無料視聴サイト

免責事項

当ブログはミュージシャン達の動画を視聴・試聴することで、それぞれのアーティスト達の作品を、ネットを通じて購入するかどうか検討する目的のために運営しております。 購入されるCDやDVDと、当ブログで紹介したコンテンツに違いがあることがありますので、あくまでも参考としてお楽しみください。
当ブログで紹介している動画や音楽等の著作権は引用元にあります。
なお、当ブログに掲載しているPV(プロモーション・ビデオ)、MV(ミュージック・ビデオ)、ライブ映像等の動画は、個人で楽しむことを目的とした動画サイトにアップロードされているものを紹介しております。著作権等の問題がありましたら、即刻削除いたしますので、その際はコメントでご報告ください。
くれぐれも動画や音楽は皆様の個人の責任でご利用ください。
Let's look at music videos for your music life & for our artist. All for our Music!

==
当サイトでは、第三者配信事業者によるサービスを使用して広告を表示しています。これらの第三者配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示する目的で、当サイトや他のサイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります(氏名、住所、メールアドレス、電話番号は含まれません)。このプロセスの詳細や、第三者配信事業者にこれらの情報が使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

歌詞検索

Find Lyrics:

Browse All Lyrics
歌詞検索の方法
「半角英数」で曲名orアーティスト名を書く! そしてenterキーを押す!
by Lyrics Search Engine

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。