--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/12/30 (Sun) スライ&ザ・ファミリー・ストーン 「If You Want Me to Stay」

スライ&ザ・ファミリー・ストーン(Sly & The Family Stone)が1973年に発表した曲「If You Want Me to Stay」のYouTube動画。

スライ&ザ・ファミリー・ストーン(Sly & The Family Stone)のデビュー曲は「I Ain't Got Nobody」で、この曲をきっかけにメジャーレーベルとの契約が決まり、アルバム「A Whole New Thing」「Life」「Stand!」「There's a Riot Goin' On」や、大ヒットシングル「Dance to the Music」「Everyday People」が生まれた。

スライ&ザ・ファミリー・ストーン(Sly & The Family Stone)はリーダーのスライ・ストーンが様々なプレッシャーから麻薬に溺れてしまったことで1975年に解散。

デビュー40周年を記念して、2007年には再結成してフェスなどで久しぶりにファンの前にスライ&ザ・ファミリー・ストーン(Sly & The Family Stone)はステージに登った。

Fresh
Sony
発売日:2007-04-24

スポンサーサイト

スライ&ザ・ファミリー・ストーン | trackback(0) | comment(0) |


2007/12/30 (Sun) スライ&ザ・ファミリー・ストーン 「Family Affair」

スライ&ザ・ファミリー・ストーン(Sly & The Family Stone)が1971年に発表した曲「Family Affair」のYouTube動画。

スライ&ザ・ファミリー・ストーン(Sly & The Family Stone)はスライ・ストーンが組んでいたバンドと、弟フレディ・ストーンのバンドがひっつき、末の妹ヴィエタがコーラスグループの「リトル・シスター」として参加した大所帯のソウルバンド。



スライ&ザ・ファミリー・ストーン | trackback(0) | comment(0) |


2007/12/30 (Sun) スライ&ザ・ファミリー・ストーン 「I Want to Take You Higher」

スライ&ザ・ファミリー・ストーン(Sly & The Family Stone)が1970年に発表した曲「I Want to Take You Higher」のYouTube動画。

スライ&ザ・ファミリー・ストーン(Sly & The Family Stone)のメンバーは、
ボーカル&キーボードのスライ・ストーン(Sly Stone)
ボーカル&ギターのフレディ・ストーン(Freddie Stone)
ボーカル&キーボードのローズ・ストーン(Rose Stone)
ボーカル&ベースのラリー・グレアム(Larry Graham)
ボーカル&トランペットのシンシア・ロビンソン(Cynthia Robinson)
サックスのジェリー・マルティーニ(Jerry Martini)
ドラムスのグレッグ・エリコ(Gregg Errico)がオリジナルメンバー。

ベースは1972年にラスティ・アレン(Rusty Allen)に代わり、ドラムスは1971年からはGerry Gibson、アンディ・ニューマーク(Andy Newmark)が加入し、1974年にはBill Lordan、1975年にはJim Strassburgがドラムを叩いた。

1972年からサックスにパット・リッツォ(Pat Rizzo)が、1974年にはバイオリンのVicki Blackwellが参加。

また、コーラスグループ「リトル・シスター」のメンバーは、ヴィエタ・ストーン(Vet Stone)、メアリ・マクリアリー(Mary McCreary)、エルヴァ・ムートン(Elva Mouton)の3人。



スライ&ザ・ファミリー・ストーン | trackback(0) | comment(0) |


2007/12/30 (Sun) スライ&ザ・ファミリー・ストーン 「Stand!」

スライ&ザ・ファミリー・ストーン(Sly & The Family Stone)が1969年に発表した曲「Stand!」の映像。

スライ&ザ・ファミリー・ストーン(Sly & The Family Stone)はスライ・ストーンが組んでいたバンドと、弟フレディ・ストーンのバンドがひっつき、末の妹ヴィエタがコーラスグループの「リトル・シスター」として参加した大所帯の黒人と白人が入り交じったソウルバンド。


スライ&ザ・ファミリー・ストーン | trackback(0) | comment(0) |


2007/12/30 (Sun) スライ&ザ・ファミリー・ストーン 「Everyday People」

スライ&ザ・ファミリー・ストーン(Sly & The Family Stone)が1968年に発表した曲「Everyday People」のライブ映像。

スライ&ザ・ファミリー・ストーン(Sly & The Family Stone)のデビュー曲は「I Ain't Got Nobody」で、この曲をきっかけにメジャーレーベルとの契約が決まり、アルバム「A Whole New Thing」「Life」「Stand!」「There's a Riot Goin' On」や、大ヒットシングル「Dance to the Music」「Everyday People」が生まれた。

スライ&ザ・ファミリー・ストーン(Sly & The Family Stone)はリーダーのスライ・ストーンが様々なプレッシャーから麻薬に溺れてしまったことで1975年に解散。


スライ&ザ・ファミリー・ストーン | trackback(0) | comment(0) |


2007/12/30 (Sun) スライ&ザ・ファミリー・ストーン 「life」

スライ&ザ・ファミリー・ストーン(Sly & The Family Stone)が1968年に発表した曲「life」のYouTube動画。

スライ&ザ・ファミリー・ストーン(Sly & The Family Stone)のメンバーは、ボーカル&キーボードのスライ・ストーン(Sly Stone)、ボーカル&ギターのフレディ・ストーン(Freddie Stone)、ボーカル&キーボードのローズ・ストーン(Rose Stone)、ボーカル&ベースのラリー・グレアム(Larry Graham)、ボーカル&トランペットのシンシア・ロビンソン(Cynthia Robinson)、サックスのジェリー・マルティーニ(Jerry Martini)、ドラムスのグレッグ・エリコ(Gregg Errico)がオリジナルメンバー。

ベースは1972年にラスティ・アレン(Rusty Allen)に、ドラムスは1971年に脱退し、Gerry Gibsonを経て、アンディ・ニューマーク(Andy Newmark)が加入し、1974年にはBill Lordan、1975年にはJim Strassburgがドラムを叩いた。1972年からサックスにパット・リッツォ(Pat Rizzo)が、1974年にはバイオリンのVicki Blackwellが参加。

また、コーラスグループ「リトル・シスター」のメンバーは、ヴィエタ・ストーン(Vet Stone)、メアリ・マクリアリー(Mary McCreary)、エルヴァ・ムートン(Elva Mouton)の3人。

それにしても凄い大所帯で何がなんだか。簡単に言うとスライ家の4人とその友達。オリジナルメンバーのドラム脱退以降はスライ&ザ・ファミリー・ストーンではドラムが定着しなかった。

Life
Sony Mid-Price
発売日:1995-07-18

スライ&ザ・ファミリー・ストーン | trackback(0) | comment(0) |


2007/12/30 (Sun) スライ&ザ・ファミリー・ストーン 「Dance to the Music」

スライ&ザ・ファミリー・ストーン(Sly & The Family Stone)が1968年に発表した曲「Dance to the Music」のYouTube動画。

スライ&ザ・ファミリー・ストーン(Sly & The Family Stone)のデビュー曲は「I Ain't Got Nobody」で、この曲をきっかけにメジャーレーベルとの契約が決まり、アルバム「A Whole New Thing」「Life」「Stand!」「There's a Riot Goin' On」や、大ヒットシングル「Dance to the Music」「Everyday People」が生まれた。



スライ&ザ・ファミリー・ストーン | trackback(0) | comment(0) |


洋楽『スライ&ザ・ファミリー・ストーン』のカテゴリーページ

| TOP |

iTunes Music Store

洋楽カテゴリ 一覧

邦楽 音楽PV無料視聴サイト

免責事項

当ブログはミュージシャン達の動画を視聴・試聴することで、それぞれのアーティスト達の作品を、ネットを通じて購入するかどうか検討する目的のために運営しております。 購入されるCDやDVDと、当ブログで紹介したコンテンツに違いがあることがありますので、あくまでも参考としてお楽しみください。
当ブログで紹介している動画や音楽等の著作権は引用元にあります。
なお、当ブログに掲載しているPV(プロモーション・ビデオ)、MV(ミュージック・ビデオ)、ライブ映像等の動画は、個人で楽しむことを目的とした動画サイトにアップロードされているものを紹介しております。著作権等の問題がありましたら、即刻削除いたしますので、その際はコメントでご報告ください。
くれぐれも動画や音楽は皆様の個人の責任でご利用ください。
Let's look at music videos for your music life & for our artist. All for our Music!

==
当サイトでは、第三者配信事業者によるサービスを使用して広告を表示しています。これらの第三者配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示する目的で、当サイトや他のサイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります(氏名、住所、メールアドレス、電話番号は含まれません)。このプロセスの詳細や、第三者配信事業者にこれらの情報が使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

歌詞検索

Find Lyrics:

Browse All Lyrics
歌詞検索の方法
「半角英数」で曲名orアーティスト名を書く! そしてenterキーを押す!
by Lyrics Search Engine

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。